09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

ideapad S10e モニターレポート (final) 

1週間はあっという間。ideapadを返却する日がきた。
今週は触れる時間があまり確保できなかったけど、ダラダラ長いより良いか。

R&Rで返却の準備。前にも書いたけど手順や画面の構成はT400と一緒。
記念撮影も兼ねてパチリ。

DSCN1195.jpg

光沢液晶って綺麗だけど、気をつけないと、このアングルでは写真に自分が写りこんじゃう。

DSCN1198.jpg

初期化の所要時間は、前回と同様に45分程度。
ステータスが大体でも分かる、この待ち時間が好き。つい画面を見入っちゃう。

DSCN1208.jpg

BIOSも初期化され、スキップしていたQuick Startも有効に戻る。

初期化した状態のシステム構成(スタートアップの画面)や注意事項が書かれたテキストを、
Cドライブに戻して、テキストがXP起動時に画面に出るようスタートアップにショートカットをコピー。

XPを立ち上げると↓こんな感じ。

S10e_初期画面

電源を切り、本体をクリーニングして返却準備を終了。トータルで1時間と少しぐらい。
マスコミの皆さんはこういうことをしょっちゅうやってんだなー、と思うと少しうらやましいかも。



今回のモニターレポートで、いまどきのNetbookを触れて楽しかったし、良かった。
聞くだけの話と、それを体感できるのでは大きな違いがある。

色々な場面でX31やX40と比べてしまう自分がいたけど、どれも一長一短ばかり。
Netbookもありだと思うし、機会があれば欲しいなーと思う。

あらためて思うのは、この大きさ/重さで、この性能を4-5万円で商品化するってホントに凄い。
大画面化が進んでるし、Netbookにも新プラットフォームが近々に出てくるみたいだけど、
少なくとも今の大きさと重さは維持して欲しい。

日本メーカーの得意技だった、高密度実装技術にも海外メーカーは注力してくるので、
軽くて薄い(熱くならない)マシンが増えるとか。

頑張れ!Lenovo!って感じでしょうか。
でも、トラックポイント搭載のNetbookが出てきたら、ホントにヤバイかも(笑)


最後に、このモニターレポートの機会を与えてくれた、アジャイルメディア・ネットワークさんに
感謝です。とても楽しかった。また、機会があったらよろしくお願いしまーす。


スポンサーサイト

テーマ: ブログ

ジャンル: ブログ

カテゴリ:ideapad S10e

2009.06.05 Fri. 06:53 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

ideapad S10e モニターレポート (5) 


昨日までは、ideapad S10eばかり使っていたので、久しぶりにX31(windows7 RCのN7J)
を使ってみた。

なんと巨大な画面(笑)

開いて起動しただけで12.1インチのXGAが巨大に・・・それだけ、S10eに慣れたということか。
評判の悪いS10eの1024×576ドットに比べて、X31の1024×768ドットはやっぱり見やすい。

Yahooや自分のbrogだとこんな感じ。左がS10eで右がX31(win7 RC)。
結論から書いてしまうと、自分的にはS10eは許容範囲。これ程度なら「慣れる」と思う。

yahoo

brog


こういう表示ドット数の大きさの是非には、マシンの「用途」や本人「慣れ」が影響すると思う。
自分の場合、S10eの用途は自宅でも外出先でも、Webの閲覧、情報整理、メール、
ブログの文書作成や写真編集(軽作業)ぐらいになる。

S10eを自分で買って使用期間が長くなれば、これにiTuneや携帯電話の同期等が加わると
思うが、基本的に他の作業はT43やT400で処理する。

これって教科書的なNetbook的な使い方?(笑)

でも、それが最も使用頻度が多くて触ってる時間も一番長い。だから「慣れ」ちゃうんだと思う。
勿論なんでも「慣れる」とは限らない。矛盾するようなことを書くけど、快適さが無ければ
「慣れる」ことはない。

換言すれば、愛すべきところが無ければ妥協はできない、ということ。
S10eには愛すべきところがいくつかあった。整理してみると、

1) 小さくて軽い(6セルバッテリで1.38kgは必要十分)
2) キータッチが秀逸
3) OS,アプリともに軽快(体感速度が必要十分)
4) LED光沢液晶は発色良好でとても綺麗
5) 本体底面が熱くならない
6) 筐体の質感は良い(カードスロットカバーを除く) となる。

AtomなNetbookは初めて使うので、1)と3)はS10eに限った話じゃないかも。
でも、2),4),5)はS10eの特色と言って良いと思う。

S10eはRAM 1GBなのにX31と同等かそれ以上にサクサクとXPが動作するし、
マシンの底面がほんのり温かい程度。X31はアッチッチなので正直驚いた。

あと、昔からの価値観だけど、Libretto 50/SS1010の640×480ドット、Libretto100の
800×480ドット等で「縦」も「横」も足らない液晶を苦しいながら使っていたせいか、
「S10eで足らないのは縦の表示だけでしょ?」と安易に割り切れる、というのもある。

この小さな筐体に、サクサクと長時間駆動が可能な性能を4-5万円程度で売ってるって、
ホントに凄いこと。代償として何かは妥協しなきゃ悪いような(笑)

だから、S10eを使い続けることが出来て「慣れ」たんだと思う。
愛せるマシンなら↓のような欠点は妥協できるし、する気にもなれる。

・液晶(縦)の表示ドット数が少ない(1024×576ドット)
・左下Ctrlキーが小さい(ショートカット時に困る)
・トラックポイントが無い
・ファンが良く回る(ヒトによっては騒音がストレス?)
・Express/34カードスロットは不要。カバーも元IBMらしさに欠ける。
・Quick Start(環境設定を含む)や省電力設定は英語のままで中途半端


最後に筐体の大きさについて自分的な拘りを書いておこう。

外出先でPCを使うとき、新幹線や飛行機のようにドッカリと前を向いて座れる場面では、
B5‐A4ノートでも構わない、気にならないが、周囲に晒されるような飲食店等では、
B5ノートでも風景に溶け込めないというか、周囲への圧迫感のようなものが気になってしまう。

この点は、Netbookだと必要十分に筐体が小さいので物凄く良かった。
この大きさには意義があると思う。正直、S10eは欲しい。AMNさんに返したくない。
あ、ブラックの筐体も出てるのね、とか調べちゃったりしてるぐらいだし(笑)

あと、12インチ液晶のideapad S12がUSで発表されたらしい。でもそれってダメでしょ。
筐体の大きさがX31やX40と変わらないんだから、トラックポイントが無いのが目立ち過ぎる。
それを買うならX200を買えば良いじゃない?と思えるし、自分が買うならそうすると思う。

Netbookの大型化は、ここ最近の世界的な潮流みたいだけど、自分的な使い方では、
今より筐体を大きくしないで欲しい。

12インチ化より、現行機種にトラックポイントを付けて「Thinkbook」ってのはどうかな?
ThinkPad好きユーザーなら、7万円出しても買うと思うけど。>Lenovoさま



テーマ: ブログ

ジャンル: ブログ

カテゴリ:ideapad S10e

2009.06.01 Mon. 01:08 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

ideapad S10e モニターレポート (4) 


ワイヤレスゲートのヨドバシ・プランを申し込んで、ideapad S10eを外で使ってみた。

会社で申し込みをしてSSIDとWEPを控え、専用接続アプリのワイヤレスゲートコネクションをDL。
帰り道、駅構内のベックスコーヒーで初接続を試みた。自分のブログを画面に出して記念撮影。

S10e記念


でも回線が弱いせい?接続は1分程度でブツ切れの連続だった。
不満は残ったが、座った席が悪かったせい?(11bだったから?)と諦めてその日は帰宅。


翌日。通勤電車がトラブルでダイヤが乱れたのをきっかけに、仕事もヒト段落だったので、
AM半休して通信テストを実施。今度は乗り換え駅(大きな駅)のベックス。


…またブツ切れ orz 今度は店の真ん中に座ってるし電波は「普通」か「強い」なのに orz


Windowsやウイルスソフトのファイヤーウォールを切ってみたけど状況は改善せず。
成果物が無いまま席を立つのもなんなので、ブツ切れの中ブログの下書きをなんとかアップロード。

気をとり直して電車に乗り、秋葉原のマックで再チャレンジ。
秋葉は通勤で乗り換えに使ってるので、まぁ、気楽に寄れる駅。アクセスポイントも多い。


…またブツ切れ orz 今度は電波が「とても強い」し、接続速度は36kbpsなのに。


どこで接続しても「電波が弱い可能性があります」とエラーメッセージが出る。
でも、状況から考えて明らかにS10eの通信設定に問題がある。

会社で調べたらクライアントマネージャーとの競合か、ウイルスソフトの影響だそうな。
あと、ブログで同じ症状「接続が弱いとはじかれ続ける」という経験が書いてあり、
ワイヤレスゲートコネクションを使わない設定では、あっけなく接続できたとのこと。

こういうときはユーザーの経験の方が会社の説明より確実(当方主観です)。
全ての接続方法やSSID, WEP等の情報を本体に仕込み、帰りに秋葉のベックスで再々チャレンジ。


・・・今度は違うトラブル。XP(SP2/SP3)用の接続設定に書いてある必要なタブ③が無い!

・・・なにこれ(・_・)舐めた説明書きだよなぁ・・・

setting_3


少し頭に来たけど考えて、常設のクライアントマネージャー3の接続を追加したら接続できた。

クライアント~の接続設定では、WEPしか入力欄が無くて条件も選択しなきゃならなかったけど、
まぁ、適当に何回か試したら接続できた。yahoo BBのSSIDは自動で読み込んでくれたみたい。

ログインにも成功。今度は全然接続が切れなかった(喜)

帰りに地元の駅前でバスの待ち時間にマックでコーヒー。起動と同時に接続した。
これで検証は完了。ほんの30分弱の時間だけど、軽快にwebを閲覧できた。
今後はマックに寄る機会が増えそう。

昔、PHSとか持ち歩いたことがあるけど、時間を気にせず外で繋ぎっぱなしって最高だし、
今はマシンも接続速度も快適(喜)


余談だけど、自宅でも起動と同時に接続が可能だった。選択してくれるのね(驚)
BUFFALOのクライアントマネージャーに複数の接続設定を認識させるのって初めてだったけど、
これって、こんなに良い出来のソフトだったんだ(笑)

S10e_CM3


外で初めて接続するってだけで随分てんやわんやしたけど、ideapad S10eの使用感は最高。
このサイズであることに意義があると思う。詳しくは次のブログにまとめるつもり。


X40のセットアップも出来たばかりなので、今後はモバイルする生活に切り替えていこう。
今回のモニターレポートで重い腰を上げて貰えた感がある。そういった面でも感謝かw


  

テーマ: ブログ

ジャンル: ブログ

カテゴリ:ideapad S10e

2009.05.30 Sat. 20:31 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

ideapad S10e モニターレポート (3) 


ここ2-3日、家の中でWebのチェックやブログにはS10eばかり使ってる。
そう重い作業は普段やらない家庭内モバイルでは、S10eは秀逸。

Atom N270(1.6GB)のパフォーマンスは、Banias(1.3-6GB)のX31とほぼ同じという書き込みや
ブログをWebで良く見かけるけど、きびきびした動作(体感速度)はホントその通り。

それを、この大きさとバッテリ持続時間で、しかも5万円程度で商品化(実現)したって凄い。
液晶はとても綺麗。発色も良好。グラフィックやデータの転送速度も廉価版とは言え、
きっといまどきなので、X31やX40では適わないんだろうなーと思う。

とっても綺麗な液晶なので、壁紙を記念撮影。
S10eをAMNさんに返しちゃったら、この綺麗な液晶にはもう会えないんだし(笑)

S10e壁紙


データの転送速度については、ThinkPadでも確認しているHDDベンチをS10eでもやってみた。

日立の5,400rpm、160GB(SATA)のHDDみたいだけど、なかなか早い。
T400で試してる250-320GBのHDDには少し及ばないが、X31のWD2500BEVE(IDE)より早い。
体感速度もこの結果にマッチしてる。納得ですね。

ideapad_HDD_bench

あと、書いておきたいのは長時間使用時の底面の体感温度、CPUファンの音とExpress/34スロット。

底面の温度は長時間使ってると、底面がほんのり温かくなる程度。
低音やけどが心配なほどではないかな。X31では結構アッチッチになるので、
パフォーマンスが同程度なマシンなら、S10eに軍配があがる。さすが今時のマシンか。

CPUファンは、主観では「うるさい」というほどではないけど、結構良く回転している。
Webでも評判が芳しくないみたい。ウチのT43の爆音に比べれば可愛いもんなんだけど・・・w

実際のCPUファンの音は、雑然とした駅構内のサテンやマクドナルド(検証中の無線LAN)では、
全然まったく気にならない。でも、会社の机で起動したら小さく聞こえた。

静かな図書館や夜中の自室では、CPUファンの音が気になるヒトはいるだろうな、と思う。
自分的には許容範囲だけどね。


右側面にあるExpress/34カードってどう使ったら良いのか良く分からない。
SDカードスロットが無いT43では、カードアダプタを刺してるけど、あんま用途が無いんだよね。

S10e_express

そうそう、筐体に安物感はないと書いたけど、この着脱式のカードカバーだけは頂けない。
出先でも家でも着脱がめんどいし、ホコリも入るだろうし、カバーを無くす可能性もある。
どうせ用途が見当たらないからカバーは刺しっぱなし、と思うのは寂しいよね。

次は無線LANの設定と、持ち運んだときの使用感をまとめよう。
でも、週末はなんだかんだ子供の相手とかで、時間が作れないんだよねー(泣)

なんか随分、自分でも盛り上がってるなーと思う。楽しい(喜)



テーマ: ブログ

ジャンル: ブログ

カテゴリ:ideapad S10e

2009.05.29 Fri. 17:40 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

ideapad S10e モニターレポート (2) 

S10eの筐体。ホワイトのマシンは初めて。今までは黒かグレーなので良い感じ。
持った感じも本体の質感はとても良い。

大きさはX31やX40と比べると小さい。(当たり前か)
S10eの重さは6セルバッテリ付きで1.38kg。X31より軽く、X40の大容量バッテリで同等ってとこ。
筐体が小さい分、持った感じでは少しだけズッシリと感じる。

液晶カバーのLenovoのロゴも派手じゃないのは好み。

s10eカバー3

でも,ロゴの配置は上下が逆だと思う。↓こう持ったときに読めるようにして欲しい。

10eカバー2

LED光沢液晶はとても明るくて綺麗。今までノングレアな液晶ばかり使ってるので、これには関心。
デフォルトの壁紙も派手すぎず地味すぎず好感が持てる。

縦の表示ドット数の不足には不評が多いけど、これは「慣れ」だと思う。
ここ2日ぐらい使ってるけど、だんだん気にならなくなってるし・・・。

ヒンジも頑強な感じ。最近のネットブックは色んなメーカーが出てるけど、
新興メーカーのマシンの中には不安を感じるものもある。この辺りはさすが元IBMかも。

S10eのように円形のバッテリをヒンジが跨ぐマシンでは、パネルを開ける時↓のように保持すると、
指が挟まってしまう(とても痛い)マシンもあるけど、S10eでは全然大丈夫だった。

ヒンジ

キーボードの感触は固めで、しっかりしてる。心地良い。
7段キーボードじゃないのは廉価版だし、まぁ、しょうがないか。

S10eキーボード1

でもその影響か、左下のFnキーは横ピッチを確保してるのにCtrlキーが小ぶり。
ThinkPadユーザーならCtrlキーの位置はここで構わないんだけどこの小ささは痛い。
ショートカットを多用するユーザーなら慣れるまで痛いと思う。

S10eキーボード2

タッチパッド。これは会社でDELLなマシンを使ってたので、まぁ、使える。
でも、思わぬ反応がときおりある。感度を弱くしてもダメ。やっぱりトラックポイントが良いなぁ。

このブログの写真の加工とか手元が微妙な作業では、つくづくThinkPadのありがたさを痛感する。
出先でBluetoothの無線マウスとかを使うヒトっているのかな。俺は嫌だそんなの(笑)


本体右側のSD(マルチ)カードリーダー。間口が広いので、最初は何のスロット?と思った。
ThinkPadでも思ってるけど、本体にSD(SDHC)が直接刺せるのは便利。はみ出ないと美しいし。

S10e_SD1

でも、SDを刺してみたら・・・

S10e_SD2


はみ出てるし  ・・・orz



バッテリの持続時間はデフォルトの6セルバッテリ/省電力設定で4時間ぐらい。
ここ最近は出張には出ない仕事なので、通勤時メインの自分的には必要十分だと思う。

概観は大体こんな感じかなー。ファースト・インプレッションとしてはまずまず。
やっぱりThinkPadだよな、とかは、あまり思わないものw

あとは使うシチュエーション次第で、使用感は変わってくる(感じる)ものでしょう。
        


テーマ: ブログ

ジャンル: ブログ

カテゴリ:ideapad S10e

2009.05.29 Fri. 10:47 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

copyright©2017 ThinkPad Chitchat all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。