05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

SS1010 CF化 


今年の大掃除のメイン(2個目)はLibretto SS1010
brogの記事は言ったきり放置?になってたCF化。

このSS1010は、ずっと気になってる再生活動。
遅まきながら東芝純正CD-ROMを見つけたり、64MBメモリで一喜一憂したり。
あと記事にはしてないけど、オクでは64MBメモリで騙されたり...orz

そんな愛憎がうずまいてます(・_・)話を戻すと、

SS1010のCF化はVY12F/CHの合間にも弄っていて、2台とも試行錯誤。
で、結局、2台同時に弄ったのは混乱しただけ?のような。
VY12F/CHがすっきりした後、今回改めてSS1010に着手したらすんなり解決(喜)

当初、このCF化ではシリコンパワーな200X(2GB)+変換名人で試してた。
でも、BIOSでCFは認識するものの、OSファイルのコピーでコケまくりで頓挫。

(写真は再掲)
CF2GB


元よりシリコンパワーなCFを選んだ時点で個体差?バラ付き?ありと、
webでの風評は認識してたけど、VY12F/CHの方では変換基板が怪しくなって、
どちらを疑えば良いのかハッキリしなかった。

で、そんなこんなしてたら信頼と実績(当方主観)のSandisk Extreme IVをゲット。
なので改めてこれでトライです。

DSCN4252


変換基板は、再度、変換名人CFIDE-441IA(新品)をチョイス。

VY12F/CHではこの変換基板との相性がNGだったようだけど、
SS1010でうまくいかなかったのは、この変換基板のせいじゃなくて、
シリコンパワーなCFとの相性が悪かったせい?と疑ったわけです。

で、この組み合わせでもBIOSでは認識できて・・・

DSCN5442q

東芝純正ドライブはCを押しながら起動で無事CDブート(喜)

DSCN4189

一発でw2kをインストール出来ました(喜喜)

DSCN4191

体感でw2k起動の速さは良い感じ。
でも、ベンチマークの数値は散々(・_・)なにこれ。

CF_bench

前の20GB HDD(PIO病)だとベンチマークはこんな感じ。

CF_HDD_bench

これはPIO病のせいでしょうね。SS1010はHDDでもDMAにならないし。

CFのベンチの数値自体はHDDの1.5倍ぐらいで体感速度と矛盾はしないし、
CF化で、まずまず(許容範囲)の動作速度になったので、
ベンチの数値にこだわるつもりはないけど、この低さにはシラケるw

で、某巨大掲示板を久しぶりに眺めてたら見つけたのがコレ
dynabook SS30X0シリーズのw2k用HDDドライバ。同じチップセットだから使える。


ドライバ導入でIDEコントローラーがToshiba Extended~になって、

HDDドライバ

ベンチマークの数値も改善。体感速度も少し速くなった(喜)

CF_Bench2


ってなワケで、SS1010の方はCFを変えてみたらあっさり成功(喜喜)

結局のところ、VY12F/CHは変換基板との相性が悪くて、
SS1010はCFとの相性が良くなかった(又はCFの仕様?)ってこと。
両方同時に弄ったもんだから、その分、現象(問題)を切り分けられず、
わけわかめになり、混乱してたってことでした...orz

CF変換基板を使うって(・_・)なかなか奥が深いモノなのね。
これで、ずっと気になってた大掃除(2台のCF化)はヒト段落。

(SS1010弄りはまだ続く)


[おまけ]
変換職人CF25IDE-HDDも買ったじゃん?
そっちはどーよ?と、気づいたヒト(・_・)いたりしますかね?

DSCN4253

SS1010に入らなかったのよ...orz


スポンサーサイト

テーマ: ブログ

ジャンル: ブログ

カテゴリ:Libretto SS1010

2010.12.23 Thu. 23:02 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

Libretto SS1010 増設メモリ 

昨日ゲットしたお宝の話。

昼休み。ちょいとLink stationを見に立ち寄ったエレパで、
ずっと探してた/待ってたメモリモジュールをゲットでした。

東芝の独自規格(64MB)PA2067UJ(¥300)

DSCN4179


なんと!箱入りジャンク。
もう何年も探してるので、これは600Xぐらい嬉しいみっけ(喜)

このメモリモジュールはMMXペンティアム世代の東芝独自規格で、
対象機種は、dynabook SS30X0(11インチ)、Libretto M3、
SS10X0、ff1000シリーズ等で、全てオンボードメモリの32MBが
このモジュールで最大の96MBになるんですよ。

で、32MBのメモリモジュールはタマ数豊富?入手は容易だけど、
64MBモジュールは入手難。ずっと欲しかったんですよー。

今もオクで単体は高値なので、最初からこいつが入ってる、
SS3020(最終モデル)を落札する?と思ってたぐらい。


Libretto SS1010には思い入れがあって、こんな感じに弄ってたけど、
その後、VY12F/CH弄りの方が優先になって、買い物をしたはいいけど、
その直後にジャンク弄りがSTOP。半年ほどbrogを休載してたので気になってて、
今年中には片付けようかと。とっとと片付けて、コアものとかATOMを弄りたいし。

で、Libretto SS1010で、メモリを64MBから96MBに出来るかは、
OSの選択に影響する課題なので、ここで64MBモジュールをGETしたのは
超ラッキー(喜)と小躍り。高まりっぱなし。


で、早速動作の確認。
32MB+32MB=64MBが、32MB+64MB=96MBになるはず!

箱から取り出し装着してスイッチ押下!

DSCN4182


・・・あ(・_・)れ?・・・


これ、買ったの32MBモジュールじゃん...orz


良く考えてみたら、32MBモジュールなら¥300は適性価格。
誰ぞ換装したヒトが32MBモジュールを箱に戻して処分して、
きっとそれがジャンク屋さんに流れたんでしょう。

ジャンク屋の商品の箱だけを信じた僕が甘いと言えばそれまで。
どう考えても自己責任...orz

たかがジャンク、されどジャンクってトコでしょうか。
こういう喜怒哀楽も、ジャンク拾いの醍醐味のうちかなぁ。

ま、帰宅して装着するまで¥300で良い夢を見れました。
エレパは好きだし(・_・)今後も行きます。


[追伸]
でも、盛り上がって舞い上がってたのでショック...orz



テーマ: ブログ

ジャンル: ブログ

カテゴリ:Libretto SS1010

2010.12.09 Thu. 22:11 -edit- Trackback 0 / Comment 2

△page top

Libretto SS1010 保守(ネジ) 


SS2120にCFを流用しちゃったので、放置していたLibretto SS1010。
底面のネジを数本、少しナメし気味なのが気になっていたので、西川電子部品のネジ部で新調した。

ネジは、長短それぞれ必要な3本+予備1本、計8本を買って¥42(安!)
左が新しいネジ(銀色)、右が純正品(黒)。これでまた何回でも分解して弄れる(喜)

ネジSS1010


ネジは初めて買うので、念のため純正ネジを持参して相談したんだけど、
お店のおじさんがネジの長さや太さを計測した上で、ナットで径の確認までしてくれた。

で、「色は丁度良いのが・・・」とか、色まで気にしてくれちゃって、とっても感じが良い。
また、なんかあったら買いに来よう。うん。




で、なんでこんなことをするのか、というと・・・

CF2GB


今度は、Silicon powerの2G(¥1999)でやってみます(喜)
こちらでも、nLiteで軽量化したw2kを入れてみようかと。

Slicon power製の300倍速のパフォーマンスがTranscendぐらいの速さだったら、
非力なLibretto SSでもw2kでそこそこ使えるようになりそうなんだよなぁ。


(続く)

テーマ: ブログ

ジャンル: ブログ

カテゴリ:Libretto SS1010

2009.09.15 Tue. 21:18 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

Libretto SS1010 CF化 


Libretto SS 1010のw2kでの動作を軽快にするために、HDDをCF化することにした。

変換アダプタは「変換名人」、CFはTranscendの4GB(300倍速)で、計¥4.77。
CF化は成功すれば、CrystalDiskMark2.2のシークエンシャル・リードで40MB/sec程度の
速度は出るようなので、w2kでの利用が前提ならコストパフォーマンス的に必要十分と考えた。

変換名人+CF

某巨大掲示板ではTranscendのSSD(IDE)の動作報告を見たけど、それは今後のお楽しみ。


変換アダプタの厚さが7mm程度なら、本体底面を「裏切り」した底板を使わないで済む。

でも、「変換名人」を、SS1010の標準HDD(6.35mm)と比べたら、ジャンパ・ピンの上部と、
その底面のはんだが上下に1-2mmずつぐらい突び出ている感じ。

CFとHDD


で、ニッパで上下とも切りました。ジャンパの上部はばっさりとちょんぎって、
底面のはんだ(3箇所)の先端はぐりぐりとえぐりながら切断。

いきなり開封後のパーツに乱暴なことするのは初めてだったけど、気持ち良かったかもw
切断後は↓こんな感じ。

切断した変換名人

ジャンパ上部は少し出てるし、底面のはんだ盛りも削り切れないけど、
アダプタの厚さ的には必要十分に出来た。マザボにアダプタとCFを装着すると↓こんな感じ。

CF装着1
CF装着2


本体底面は切ってない底板に収まった(喜)

lib裏


で、CFが認識されてるかBIOSでチェックしてみたけど、この機種の東芝の独自BIOSって、
E-IDEとしか表示されない。なんか寂しい・・・。

気を取り直してOSのインストール。まずwin98(リカバリ)。
1回目のリカバリでは、HDDドライバの削除(純正HDDのドライバが入るため)をすっかり忘れてて、
何故OSが起動しない(sefeモードになる)んだろうと、しばらく悩んでしまった(汗)
起動させた後も、何故かあるはずのファイルがあちこちで無い。動作が不安定。

でも、これらは2回目のリカバリでは全て解決した。1回目は多分、キチンとCFをフォーマット
しないままリカバリを進めてしまったせい?みたい。

win98での体感速度はバッチリ向上。
OSの起動はHDDでも早かったので差は少ないと思うけど、終了がメチャ早い。3-5秒ぐらい?

喜び勇んでw2kのインストールへ・・・(続く)



テーマ: ブログ

ジャンル: ブログ

カテゴリ:Libretto SS1010

2009.09.02 Wed. 21:38 -edit- Trackback 0 / Comment 6

△page top

Libretto SS1010 PIO病 


しばらく放置していたLibretto SS1010。

20GB(DK23DA-20F)に入れたw2kの起動(体感速度)は、昔使ってた日立1.8インチよりは早いけど、
どうにもモッサリ感が否めないので、CrystalDiskMark2.2でベンチマークを取ってみた。

w2kベンチ_HDD

なにこれ・・・。

遅すぎるので、デバイスマネージャーからハードディスクコントローラーのプロパティを見たら、

system_PIO


転送モードがPIOじゃんか・・・orz

で、webで色々調べてみたら対処の方法は花盛り。ほとんどがXPでの事例ばかりだけど、
その中で、IDEコントローラーの削除(再起動)とレジストリの書き換えをやってみた。

IDEコントローラーの削除したら、1回目の再起動ではPIOが「無効」になった。

PIO_無効

でも、もう1度、再起動が求められてPIOモードに戻った・・・orz


で、レジストリの書き換えでは、regedit を起動して、

HKEY_LOCAL_MACHINE \SYSTEM \CurrentControlSet \Control \Class \{4D36E96A-E325-11CE-BFC1-08002BE10318} を展開し、IDE コントローラ (0000)に、[編集]-[新規]-[DWORD 値] をクリックして EnableUDMA66を作成して「1」を入力。

regystry1

ダメ・・・直らない・・・orz


で、MasterDeviceTimingModeAllowedを確認してみたら、DWORD値は「ffffffff」になってた。

registry3

ResetErrorCountersOnSuccessというキーを、新規作成してDWORD値を「1」にした。


ダメ・・・これでも直らない。それぞれ「0001」もやったけど・・・orz


Libretto SS1010は、Ultra DMA対応だけど、この当時のマシンって、
PIOモードでしか動かないのかな。

webであっちこっち調べてみたけど、ハードウェアが壊れてるとPIO病に陥るケースもあるとか。
結局のところは知識不足で良く分からないことばかりだし、マシンやOSが古すぎるせいか、
てんで有効な手立ての情報は無し。手も足も出ない(泣)


でも、まぁ、体感速度はそれなり(悶絶するほど遅くはない)というレベルなので気にせず、
PIO病は突き詰めずにおくことにした。

それより、20GBのHDDはジャンク品なので、これを切り捨ててみよう・・・(続く)



テーマ: ブログ

ジャンル: ブログ

カテゴリ:Libretto SS1010

2009.09.01 Tue. 19:09 -edit- Trackback 0 / Comment 2

△page top

copyright©2017 ThinkPad Chitchat all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。