05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

SS2010とS4の2個イチ(2) 


前回の続き。

S4は電源押下と同時にHDDの回転音はしてるけど、
BIOSではHDDを認識してなかった(写真のNo Drive、見えないかな?)

DSCN3924


webで調べたら、PXEエラー+Insert system disk in driveな表示は、
起動ドライブを探してる状態だそうな。
で、故障の要因はHDDとマザーの両方が疑われるそうな。

これは東芝のロゴ表示がやけに長いことと矛盾しない...か...orz

で、今回の症状(現象)を切り分けると、HDDはSS2010で元気に動いてた
HDDなのでまず異常は無い。ありえるのはHDDケーブルかマザーの異常。

んで、少し迷ったけど、さっきまで動作してたSS2010のマザーが目の前に
転がってるので、ここはさくっとマザーを交換してみることにした。


   ここまで中座(子供の相手やお買い物)しながらほぼ1日がかり。
   もう夜もすっかり(・_・)ふけたし。


で、こんなことなら、液晶フレキのコネクタをバッサリと切らなくても良かった?
とか考えなくても良いことを思いつつパチリ。別にハマるし(喜)

DSCN3926

再度SS2010のマザーにSS2010のフレキを装着。
この時はこれで2個イチが終了すると思ってた。

で、仮組みして電源スイッチを押下。


HDDの回転音に加えて、パシュッ(パチン)と乾いた音。
キーボードの右端から小さな白煙が...。画面は真っ黒。ロゴも出ず...。


え?白煙?(・_・)えーーー!


と、慌てて右手で電源断。左手でACをヒッコ抜いた(大体2秒ぐらい?)


...orz (30秒ほど放心)


別に焦げ臭い匂いはしないが、白煙は初めてなので念のため分解。
マザーもサブ基板も焼け焦げた痕跡は目視で無し。
(マザーも嗅いでみたけど、特に匂いは無し)

で、再度組み上げて電源スイッチを押下。今度は白煙は出ないけど、
東芝ロゴも出ず。HDDの回転音のみ。


SS2010のマザーが逝った?...orz (3分ほど...以下略)


で、もう深夜になっちゃったので、今回のジャンク弄りはここまでに。
再びS4のマザーに換装(症状は変わらず)。

次回のために、
S4のマザーはボタン電池を抜きCMOSクリア(おまじない)。
あと、HDDケーブルの交換もやってみよう(備忘録)。

で、不要パーツの塊と化した(と思った)SS2010も組み上げ、
ダメ元でACを付けて電源スイッチを押下。


・・・え?(・_・)なんで?

DSCN38502


S4の液晶ケーブル+インバータは異常無しで、そもそもマザーの異常…?


ってなわけで、こうしてS4のリペアが中途半端なのに、インバースで
美品のS5(BIOS OK,HDD付)を見かけて悶絶。

この系統はもう安いけど、リペア中に動作するっぽいマシンを買うのもね。
安価とはいえ他に欲しいものもあるしなぁ…。


次のジャンク弄りはThinkPad達。原点回帰(喜)です。


スポンサーサイト

テーマ: ブログ

ジャンル: ブログ

カテゴリ:dynabook SS2010/S4

2010.10.22 Fri. 08:00 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

SS2010とS4の2個イチ 


Puppyを20GB HDDに入れたSS2010(無線LANなし)と、液晶パネルを交換しても
画面が真っ白のS4(無線LANあり)の2個イチにトライした。

Puppyは他に3台(X40、S30、PC-MT1)もあるし、外装が美品のS4を放って
おくのもなんだし、SS1610の2個イチ(無線LAN化)が気持ち良かったし、
この系統や、SS2120、S21はKBや液晶パネルの交換程度でバラしたこと無いし。

DSCN3909

この機種の分解は、底面を剥がすとパームレストにマザーが付いてること
(PC-MT1と同じ)、KB裏と底面のネジ数が多いこと、ヒンジ部の構造が
左右非対称でややこしいのが特徴でしょう。

webで軽くググっても深い分解手順の解説サイトが無いのは、かなり面倒
臭いからかも(笑)

DSCN3910

写真右下はサブ基板+無線LANカード(S4)。

DSCN3911

SS2010ではここがCFスロット。
マザーのコネクタは互換。でも本体底面は形状が違うので流用不可ですね。

DSCN3914

で、まずS4の表示不良の原因を特定するために、
SS2010から液晶パネル、インバーター、ケーブルを移植した。

ヒンジ部の構造が良く分からないのでマザーを取り、S4のガワは美品なので、
上半身もほぼ全バラし。2台同時はさすがに歯応えがあり。記念にパチリ(喜)

DSCN3913

下半身(バラし)→ 上半身(バラし+交換)→ 下半身と組み上げて、
最後に液晶フレキの装着。

DSCN3916

コネクタの形状が違うじゃん...orz

でも、大きいSS2010のコネクタは、配線の無い部分がはみ出してるだけで
電気的には一緒だろうと考え、大型カッターでバッサリ。

キチンと収まった(喜)

DSCN3918

仮組みしてスイッチオン!
東芝ロゴに続いて、BIOSを表示できました(喜)

DSCN3921

ここで少し気になったのは東芝ロゴの表示が長いこと。

まぁいっかと、S4のマザーをチェックしたいのでSS2010に載せてた
PuppyなHDDをポン付けに。

DSCN3922


DSCN3923


・・・あれ?(・_・)なにこれ・・・


(長いので続く)

テーマ: ブログ

ジャンル: ブログ

カテゴリ:dynabook SS2010/S4

2010.10.21 Thu. 07:14 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

SS2010 液晶パネルの交換 


昨日の秋葉でまた衝動買い。
QCPASSで松下東芝の液晶パネル、LTM12C138Tを買ってきた(¥3480)

DSCN3625

SS2010やS4-6のパネルの型番は、LTM12C138。なので「T」が余計で、
裏面が見たことないような赤銅色。

DSCN3626

先日、杜で上半身を探したけど見あたらず、気長に待つかーと思ってたんだけど、
Puppyを入れてから、どーにもSS2010が可愛くなって液晶の黒ずみが気になってw


SS20X0やSS21X0の類は、本体をバラさず手軽に液晶パネルの交換ができちゃう。
これって長所なんじゃないかと。

DSCN3627


で、この液晶パネル、コネクタ等はばっちり純正パネルと同じだけど、
微妙に外形が大きくて、すんなりSS2010のガワに収まらなかった。

赤銅色の板はシールを剥がせば簡単に取れたけど、こんな感じに、
微妙に4箇所のネジ穴の部分だけが、数mmほど厚ぼったくて…

DSCN3628

大きさも横に数mmほど大きかった。インバーターの逆側がハミ出る感じ。

DSCN3629


仮組みしてPuppyを起動したら、なんとまー綺麗な発色。黒ずみも皆無。
とっても明るいパネルだった(喜)さすが本体より値段が高いパネル?w

DSCN3630


で、インバーターの逆側のネジ穴部分は丸ごと切り落とし、
インバーター側のネジ穴は厚いのでニッパーと彫刻刀で削ってガワに収めた。

ちょっと削りが甘くて?0.5mmぐらい液晶下部のベゼルが浮いてるけど、
まぁ、これで良しとして記念撮影。

とっても表示が綺麗なSS2010になりますたー(喜)

DSCN3632


このSS2010は、スライドパッドやヒンジも交換しなきゃーと思いつつずっと後回し。
まぁ、これぐらい可愛がってやっても良いでしょう。

残りはそのうちに…。


テーマ: ブログ

ジャンル: ブログ

カテゴリ:dynabook SS2010/S4

2010.02.11 Thu. 22:19 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

Puppy Linux 4.3.1 on SS2010 


Puppy LinuxはブートドライブでライブCDから起動すれば簡単にHDDにインストール
できるはずだけど、SS2010では純正CD-ROM(PCMCIA)からブートしても
”pup_412.sfs not found.”というエラーメッセージが表示され、ライブCDから起動できなかった。
(写真はPuppy 4.1.2、Puppy 4.3.1でも症状は同じ)。

SS2010インスコ失敗


調べてみたら、同様の症状がLibretto Lや、dynabook SSで報告されていて、
純正のUSBドライブでも症状は同じのようだった。

そこで、MK2003GAHをSS2010から取り出して・・・

MK2003GAH取り出し


同じ東芝50pin IDEを使えるS21で、MK2003GAHにPuppy 4.3.1をインストールすることにした。
関係ないけど、SS2010のHDDマウンタはちょっぴり大きくてS21には入らなかった(驚)

MK2003GAH_S21へ


S21ではUSBのDVDドライブから、ごく普通にPuppyの起動がライブCDから可能だった。
(SS2010でコケてたのは画面の3行目)。

S21_puppyインストール


S21では、すーいすいとPuppyをMK2003GAHへフルインストール。

まずライブCDから起動したGpeardでパテーションの切り直し。
ext3で2GB、Linux-swapを1GBにして、残り全てをFAT32にしておいた。
GRUBはMBRへインストール。Puppy4.3.1の壁紙は、4.1.2より青が綺麗で好き(喜)

SS2010_puppy起動


SS2010にHDDを戻してPuppyが無事に起動。液晶の黒いクスミはこれが一番写ってそう?

SS2120_puppy起動2


Puppyインスコ後のTIPSを備忘録がわりに書いておくと、

・起動直後のGRUB画面のEnterキー入力待ち(自動起動しない)を修正
 1) エディタで /boot/grub/menu.lst ファイルを開く
 2) 9行目の「#timeout 30」の1文字目の「#」を削除。30を5(秒)に変更
  7: #
  8: # Start GRUB global section
  9: timeout 5
 3) 保存して終了(再起動で確認)

・スライドパッドでタップできない問題の修正
 エディタで /etc/X11/xorg.confの中の
 Section "InputDevice"
 Identifier "Synaptics Mouse"
 Driver "synaptics"
 119: Option "MaxTapTime" "0" を、
 119: Option "MaxTapTime" "220" に書き換えて保存

 全機種で汎用性のある対応ではない?みたいだけど、
 SS2010はこれでタップできるようになった。

・ Buffaloの無線LANカード
 挿せば自動認識される?みたい。web接続ウィザードで近隣をスキャンして、
 反映されたESSIDにWEP等の設定したら、すんなりwebに接続できた。

 記念に自分のbrogを記念撮影。

SS2120_ puppy_記念


Puppy Linux 4.3.1は、SS2010でも快適。使いこなせたら楽しそーで良い感じ。
なんとなく、SS2010やS4のリペアにも力が入りそうだなぁ(喜)


SS2010とS4の記事はとりあえずここまで。
VY12F/CHも書きたいし(喜)



テーマ: ブログ

ジャンル: ブログ

カテゴリ:dynabook SS2010/S4

2010.01.11 Mon. 11:53 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

SS2010 動作チェック 


SS2010に、S21で使っていたMK2003GAH(20GB)を入れてXPをインストールした。

SS2010_20GB


本体の動作は以下の通り無問題。VGAとCFは使わないからチェック略。

・グラフィック、サウンド、LANのドライバはインストールOK
・有線LANでネットに接続 OK
・USB×3はメモリ/FDD起動 OK
・SDカードスロットも使用 OK


動作確認終了の記念撮影。このSS2010には、Puppy Linuxでも入れてみようかなぁ…。

SS2010_XP


SS2010の動作には問題がなかったけど、液晶のクロズミ、スライドパッド、ヒンジが結構気になる。
液晶は背景を白にするとこんな感じ。

SS2010_パネル1


黄色だとこう。

SS2010_パネル2


液晶の不具合は写りが悪いので実機はもっとヒドイです。当方主観ではハズレの液晶(泣)

あと、スライドパッドが使いこまれてて中央がツルツル(写真で見えるかな)。
左ボタンも表面がハゲハゲ。

スライド2


ヒンジも元から頑強なマシンじゃないみたいだけど大分ヤワい。
自立はするけど、開いたまま勢い良く持ち上げると180℃に倒れちゃう。

キーボードベゼルとヒンジ、スライドパッド一式は丸ごと交換かなぁ。
液晶は…とりあえずこれで我慢か?微妙・・・。



(続く)


テーマ: ブログ

ジャンル: ブログ

カテゴリ:dynabook SS2010/S4

2010.01.10 Sun. 12:12 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

copyright©2017 ThinkPad Chitchat all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。