07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

SS1610 SDカードスロット 


SS1610のTips

コンデジ(Nicon)のSDカード(2GB)の認識に失敗して何故かドライブ無し。
で、リナザウのSDカード(1GB)は無問題。

これはドライバ(SDカードホストコントローラ)の問題?

で、TOSHIBA SD Card controller Type-Aを、Webから自動検索で、
TOSHIBA Secure Digital Host controller(写真)へアップデート。

ss1610_sd


無事、SDカード(2GB)で読み書きできるようになった(喜)
このブログはSS1610で書いてまーす。


で、去年、X40でSDHCカード(4GB)を認識できたことを思い出し、
カードを突っ込んでみたら、こっちも認識できますたー(喜喜)

あまりSDHCカード(4GB)を使う機会は(・_・)無いけどw

スポンサーサイト

テーマ: ブログ

ジャンル: ブログ

カテゴリ:dynabook SS16X0

2010.10.11 Mon. 13:40 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

SS16X0 2個イチ (続き) 


SS16X0の2個イチの続きです。

ながーいリカバリは何故か2回ほど失敗。
1回目は3枚目のCDに入れ替えたら沈黙、2回目は1枚目のデータコピーが停止。

底面が少し前より熱い感じ?ファンの音は聞こえてたか?と一瞬思ったけど、
3回目で成功したので、まぁ、いいかと。

時間がながーいのは、リカバリCDが3枚もあることや、東芝純正CD-ROM
(PACDD002)が遅いせい?と思ってた。


んが、XPを設定してたら「ファンが壊れて動作してないよ?」とエラーが(驚)
慌てて電源OFF。今思えば、写真を撮っておけば良かった(泣)

んで、再度サクッと2台を分解して、CPUファンを取り出して交換。
SS1600もSS1610も型番は全く同じ。左側のファンの枠にある45200がロットかな?
(写真には写ってないけど、右側のファンにも違う番号が有)。

DSCN3888

その後はノートラブルで、XP3、windows updateの導入(長時間)をクリア。
CPUファンの回転音も何回か聞けたし、ちゃんと動いてますねコレは(喜)

しかし、windows updateはプログラムのダウンロード数が84ですよ!
このままでは100を超えちゃいますねー。んー。

DSCN3890

で、ここ数日は無線LANもキチンと動いてます(喜)
液晶も明るいし、KBも美品だし、この2個イチは気持ち良いっす(喜喜)

DSCN3892


このシリーズへの無線LANの増設は半ば諦めてたんだけど、2個イチでも、
なんとか無線LANを増設できることが分かったのが収穫でした。

Yoshiさんのコメントを頼りに調べてみたら、無線LANのスイッチが
付いてるサブ基板の2つのランドに4.7KΩの抵抗をハンダ付けすれば、
無線LANモジュールを認識するようですね。

僕はハンダ付けをまだしたことが無い(ハンダは持ってるけど…orz)ので、
2個イチにしましたが、腕に自信のある方はそっちの方が醍醐味ありでは。


ってなワケで、ずっと気になってたSS1610の無線LAN化が2個イチで決着。

SS16X0シリーズは1台になっちゃったし、そもそもDothan 1.2GHzのSS1620
が欲しかったので、秋葉で見かけたら拾っちゃうかも…。
SS1600の余剰パーツもあるし、杜で綺麗なKBも買っちゃってあるし…。

ジャンク・スパイラル(・_・)じゃなくて?


---〔追伸〕---
またまた、たくさんの拍手、ありがとうございましたー。
なんだ催促したようで恐縮です & ホント嬉しいです。今後も頑張りまーす。

テーマ: ブログ

ジャンル: ブログ

カテゴリ:dynabook SS16X0

2010.10.10 Sun. 13:51 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

SS16X0 2個イチ 


dynabook SS1600とSS1610を2個イチにした。
半年間のブログ休載期間の前半は、SS16X0ばかり使ってて2台とも壊したので(笑)

SS16X0の使いやすさは、本体にSDスロットや音量コントロールがあること。
で、これらを併せ持つThinkPad X40より若干軽いし、バッテリも持つ。
僕的には何かと便利で、かなり気に入って使ってた。

んが、SS1600は原因不明のOSクラッシュ。Baniasの非力さ?を感じてたので、
SS1610を使ってたら、次はインバータ?バックライト?液晶表示が不良に…orz

SS1600は無線LANモデル。液晶とKBがとても美品。でもCPUはやや非力。
SS1610は無線LANなし。こちらのCPUはDothan(1.1GHzだけど…)。
そのうちSS1620が欲しくなるだろうから、今のうちに2個イチにしとこうかとw

2台、重ねて分解前に記念撮影。

DSCN3871

この機種の分解は、マザーに色んなケーブルが刺さってるのと…

DSCN3873

マザーをひっくり返しても刺さってることが特徴でしょうかね。

DSCN3874

こんなにマザーを小さくするため?

DSCN3872

ちゃちゃっと分解をもう1回。マザー2枚で記念撮影をパチリ。

DSCN3878

マザーを2枚とも外したのは、交換することにしたから。

この本体右側についてるサブ基板には…

DSCN3884

無線LANのスイッチが付いてるので、このサブ基板付きのSS1600のボトムに、
SS1610のマザーを移植することにした。

DSCN3886

ちゃっちゃと組み立て、160GB HDDを装着。
当方主観でけっこう綺麗なBIOS表示を記念撮影(喜)

DSCN3887-2


さて、やっと長ーいリカバリが終わったんだけど、SS1610で無線LANは使えるかなー。
楽しみです。あと、液晶もKBも美品になって嬉しいし。

やっぱりジャンク弄りは(・_・)楽しいっすねー。 


(続く)


--- 〔追伸〕---
X40の記事では、早速、拍手を1つ頂いてありがとうございました。
とても励みになります。正直、喜んでます。

テーマ: ブログ

ジャンル: ブログ

カテゴリ:dynabook SS16X0

2010.10.05 Tue. 23:33 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

SS1610 通電するけど起動しない? 


かなり気に入って2-3日使い続けてたら、SS1610が突然起動しなくなった。

就寝前、SS1610の電源スイッチを入れ、部屋を消灯するとき少し目を離した瞬間、
SS1610の画面は、見たことの無い白と虹色と瞬き(壊れたTV?)を繰り返していた。

どこかがショート?(驚)
慌てて電源スイッチを長押しで断。

その後、すっかり通電ランプは点灯するものの起動はNGに。
HDDが回転しないし、ファンも回らない。マザーから音もしない。

ACとバッテリを交互に外してもダメ。ACやバッテリを交換してもダメ。
PCMCIAの無線LANカードを外してみても症状は変わらず。うんともすんとも言わない。
きっとヒューズや電気系統のトラブル?じゃなかろうかと。


あーあ...orz


翌日には、まぁジャンクだし、そんなこともあるかーと思い直した。

他の機種でPCMCIAの無線LANカードやACの動作をチェック。問題なし。
増設した1GBメモリもmemtest86で4周まわして問題なし。

ここで障害はまず間違いなくマザー(電源周り)だろうと思いこみ、
補修部品(ジャンクマザー)の調達を考えはじめた。


で、そんなこんなでフラリと立ち寄った平日昼間(お昼休み)のUSHOP。
ジャンク品の棚にSS1600系が4台ほど並んでた。

そのうち1台は、BIOS OK、キーボードが超美品(ほぼ使用感なし)の
SS1600の無線LANモデル。

SS1600はBaniasの1GHz、SS1610以降がDothan(1.1-1.2GHz)なので、
一旦はスルーしようかと迷ったけど、
・無線LANモデルのジャンクはほとんど見かけないし(僕だけ?)
・キーボードも程度が良いもの(新品)は、オクでも¥3kぐらいはかかるし、
・SS1610の液晶はやや気持ち暗いと思えるので、結局購入(喜)

SS16X0の無線LANの有無は、本体右側面のスイッチの有無で分かります。

(写真は、左が無線LANなしモデル、右が無線LANモデル)
RSCN3645


家でPuppyを起動したら、SS1610より明るく綺麗な液晶だった。
喜びの2重奏ですねこれは(喜)

DSCN3641


で、嬉々として、SS1610のHDD(120GB)をSS1600へ移植しようと取り出し、
SS1610は当分は休眠になるので、最後に念のため~と電源スイッチを入れてみた。

ら、なんと! 一拍おいてHDDの回転音。続いてXPが起動した(驚)


前回と今回の違いは増設メモリの有無(今回はメモリ無し)だけ…。


外したメモリを戻したら再現性あり。起動しない。でも、外したら又起動する。
で、手持ちの512MB、他の1GBメモリ(NGと同じhynics)を載せたら全部起動した。


…ただのメモリの接触不良…だったと思われますねこれは(泣)


いつもは起動NGだと、まずメモリの着脱ぐらいは確認するのに、
今回は変な画面の瞬きを見た分、電源回りの障害だろうと決めつけちゃった…orz

てっきりマザーがNGだろうと早とちりして、SS1600を買ってきちゃったよ…orz
当日は他にスルーしたジャンク本体があったのになぁ…

ま、マザーOKのバキっとしたジャンクを買って来なくて良かったと思おうw
2台あれば、複数あるバッテリの充電も楽になるし。


ここで決意を1つ。

そろそろPen M(BiniasやDothan)、B5の1スピンドルで欲しいマシンは
買い尽くした感じ。リペアに着手してないのを含めると増え過ぎかも。

なので、このカテゴリは卒業にして、もうジャンクを買ってくるのは止めよう。
と、ここに書いて自分に言い聞かせてみるw


テーマ: ブログ

ジャンル: ブログ

カテゴリ:dynabook SS16X0

2010.02.18 Thu. 23:44 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

SS1610 液晶交換&無線LANカードの増設 


QCで買ったSS1610の割れた液晶パネルを交換、HDD(120GB)を載せて、
キーボードに反応しないキーがあったのでストックしてたものと交換した。

で、ついでにと無線LANモジュールとアンテナを仕込んだけど、これが結構めんどう。

SS16X0はHDD交換までならキーボードを外すだけだけど、mini PCIスロットは
マザーの裏側なので本体裏のネジを全部外してパームレストを取って…

DSCN3617

本体左端のコネクタ+VGAの六角ネジを外して、マザーを裏返さなきゃ出てこない。
裏返すとき、斜めにマザーをズラすトコにコツがあるっぽい感じ。

メモリの手前がmini PCIスロット(空き)

DSCN3618


で、無線LANモジュールと短いアンテナを適当に本体に収めてXPのセットアップした。
Atherosの無線LANモジュールは、ドライバの導入で少し躓いたけど無事終了。


…でも(・_・)てんで無線電波をキャッチできないよ?


webで調べて唖然呆然。

このSS16X0シリーズ、mini PCIの無線LANカードはドライバを入れれば認識するけど、
そもそも無線LANには専用基板が必要で、本体横の無線LANのスイッチをONの状態
にできないと、無線の電波を拾わないんだそーな...orz

参考サイトはここここ

事実上、増設は無理。
無駄な増設をしたってことね...orz


気を取り直してAtherosのドライバは無効して、PCMCIAの無線LANカードで
セットアップを完了。

SS1610のリペア完了の記念撮影(喜)

DSCN3633

お約束のHDDベンチ。VY12F/CHのときと結果は変わりなし。

SS1610_HDD


SS1610の動作は軽快、本体も軽量、バッテリも良く持つ。
VY12F/CHの角々しいデザインも良いけど、丸みを帯びた曲線な外観も良さげ。
結構っつーか、かなり気に入った(喜)

で、調子に乗って3-4日ほど、SS1610ばかり嬉々として使ってたんだけど、
その後に悲劇が…


(続く)




テーマ: ブログ

ジャンル: ブログ

カテゴリ:dynabook SS16X0

2010.02.17 Wed. 01:06 -edit- Trackback 0 / Comment 2

△page top

copyright©2017 ThinkPad Chitchat all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。