05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

SL-C1000 ジャンク 


オクでSL-C1000のジャンクをゲットした。
症状は「適当なACで通電せず」で、それ以外は未チェック。多少傷あり。

DSCN4560

バッテリやスタイラスが付いてるので、軽い気持ち程度の落札額。
でもSL-C3000や3100のラッキーも記憶に新しいので下心むらむらw

早速、開封して動作チェック。純正ACを刺したら通電OK!(喜)

DSCN4561

でも、電源スイッチは反応せず。何回押しても、長押しでも起動しない。
なので、メンテナンスメニュー。液晶パネルに割れは無く、黒ずみも皆無(喜)

DSCN4562

ここで「異常チェック」に初挑戦。「しばらくお待ちください」と「1分お待ち下さい」の後、
画面で実行をタップすると、チェックプログラムが走った。

DSCN4565

ソフトウェア的なチェックみたいですねこれは。
で、そのままOS(QT)が起動して、時刻設定の画面。

DSCN4566

すんなりQTが起動。でも、前オーナーのアプリが入ったまま(データは無し)、
電源ボタンでOFFにも出来ず、ACとバッテリを抜いたら電源ONにも出来ないまま。

DSCN4569

ならと、サービスメニューでQTの入れ替え。DKBファイルをSDに入れNANDレストア。

DSCN4570

緑の進捗バーがジリジリと左から右に伸びて・・・

DSCN4572

レストア終了。

DSCN4574


でも、電源スイッチが効かない・・・。


もしかして、SL-C3100の時と(・_・)同じ症状?


まさかね・・・と思いつつ、同様にサービスメニューからスリープON/OFFのチェック。
このチェックでは画面が何回もチラチラと瞬くんだけど、
SL-C3100の時は30回程度で強制終了。今回は放置したら50回だったみたい。

DSCN4575

OKだとSL-C1000が言ってるのをホント?と思いつつ、
バッテリを付け直し、充電を継続。何度か電源ボタンをこねくってたら・・・

キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!

DSCN4576

起動できますた(喜)


その後、何回かチェックしたけど、電源ボタンの接触が少々悪いみたい。
爪を立てるような感じで強く、短く押せば電源ボタンが反応する。

電源ONはHOMEボタンで百発百中なので、OFFの時だけ気をつければ、
慣れちゃえば十分使えそう(喜) しばらく様子見(喜喜)


〔おまけ〕
ずっとSL-C3100を毎日持ち歩いて、主にジャンク整理や買い物の備忘録、
秋葉原の巡回メモや、ブログの原稿書きに使ってたけど、HDD搭載だと、
無意識にでも神経は使ってる自分に気づいてたんですよ。
で、4桁のリナザウのキーアサインは打ちやすいし、感触も好きだし、
静かな(プチプチ音がしない)のが捨てがたく、SL-C860には戻れず、
どうにもSL-C1000が気になって、欲しかった(・_・)んですよ。

今更だろうが、スマホで良いじゃん?とか、そんな野暮なことはいいんです。
なんだかんだリナザウ好きだし。今回は物凄く安いし満足。むふふ。

次回の秋葉巡回記事は、このSL-C1000で書くつもり。です。


スポンサーサイト

テーマ: ブログ

ジャンル: ブログ

カテゴリ:Zaurus SL-C

2011.03.29 Tue. 23:29 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

SL-C860 pdaXrom 日本語版 


SL-C860にpdaXrom日本語版[pdaxrom_rc9.1_jp_20050217]を入れてみた。
作業前にSDカードと記念撮影をパチリ。

DSCN4380


webで先達の皆さんのインスコ経験談はSL-C860以降が大多数。
SL-C750は本体Flashの容量が64MBと小さいので色々調べるのに苦労したけど、
SL-C760以降はキホン128MBに容量アップ。なので楽チン(・_・)のはず!

SLなZaurusのスペックの比較表はここ。一望できるので助かります。
(SL-C3000の本体Flashだけ16MBでやがんの…orz)

SL-C750では、pdaxrom_rc8_jp_0.8とpdaxrom_rc9.1_jp_C700_20050215
がNGで、pdaxrom_rc9.1_jp_20050217はOKだったけど動作が?のまま放置
その後ずっと気にしてたSL-C860でのリトライなので、
今回もpdaxrom_rc9.1_jp_20050217をチョーイス。

手順を過去の自分のブログ(SL-C750)で思い出しながらサクサク。
違いはブートパテーションのリサイズを121MBにするだけ。

DSCN4382

懐かしい?インストール画面がヒョイヒョイと進んで…

DSCN4384

キャリブレーションはこんな感じ。

DSCN4385

少々考え中の画面になって…

DSCN4386

インスコ完了ちゃんです(喜

DSCN4388


とりあえずLeafPadの初期設定を済ませ、以前はわけわかめだった、
AltとCtrlのキーアサインを確認したら今回は動いてるみたい(喜喜

テキスト書きひとつをとってもQtopiaの方が使いやすいんだけど、
今後はなんとか時間を作ってpdaXromでも遊んでみたいと思いまーす。

リナザウ(・_・)結構、楽しい


テーマ: ブログ

ジャンル: ブログ

カテゴリ:Zaurus SL-C

2011.02.02 Wed. 06:37 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

Zaurus SL-C3100 ジャンク 


SL-C3000ですっかり調子に乗り、頭の中はすっかりリナザウのお花畑w
で、続けてSL-C3100のジャンク(動作未確認)をゲットした。

今度は純正のバッテリとスタイラス付き。SL-C3000は白い筺体が爽やかだけど、
SL-C3100の黒いボディは、ソリッドな感じ?だかで好評みたい。
こっちの方が好みかも(当方主観)

DSCN4374


リナザウのリセットボタンはバッテリーのカバーを外なさいと出てこない。
おまけに四角だから?全然それっぽくないので記念撮影をパチリ。

DSCN4375


まぁ、ノーチェックなジャンクに手を出すまでに少し迷いがあって、
リナザウのサービスメニューやROMの書き換えは、そう広く知られてない?
もう枯れた機種だからチェックは甘い?(見切られる?)かも?
もしそうなら、軽く弄れば動くジャンクが多い!が楽観論。

その反面、ジャンクノートのようにパーツの入手経路や情報量が、
そう豊富ではないので、不動品だとリペアが大変?が消極論。

オクでポチる前は、両論がグルグル回ってわけわかめ。

でも結局、もう1台ぐらいは4桁のリナザウがあって良いし、
SL-C3100の黒いソリッドな筺体の配色は結構かっちょえーし、
未チェック品だとオクで競っても高騰せずチャンス!(かも?)

そもそも動作するか分からない買い物はジャンクの醍醐味、
っつーか、もしかして王道?と思えるし、もし痛い目に合っても、
ブログのネタとしてはむしろ美味しい?(・_・)じゃまいか。

ってなわけで、最後はどっちでも良いや的にリスクを取ることに。


話を(・_・)戻すと。


SL-C3100にACを刺したら充電ランプが点灯。通電はOK
でも、電源スイッチを押しても画面は真っ黒。起動せず。

ほー(・_・)なるほど

少し充電してみた後、何度かバッテリの着脱やリセットボタン
を押してみたけど画面は変わらず。起動せず。

へー(・_・)だよねぇ

で、ACとバッテリを外してDとMを押しながらACを接続。
サービスメニューは起動できた(喜

DSCN4376


で、ゴニョゴニョしたDKBファイルでSDからリストア。
ジリジリと緑のバーが横に伸びて完了。

DSCN4377


完了後は、何故か電源断ができず?
しょーがないからACを抜き、バッテリを装着して電源オン!


再起動(・_;)しない?


またバッテリの着脱やリセットボタンを押下!もダメ...orz


あーん(;_;)ダメなの?


最後にサービスメニューから電源スイッチをチェック。
画面のチカチカが30回以上続き、少し焦れたのでACを抜く。


もしや(/_;)ラストチャンス?


バッテリを装着して充電状態で少々放置(なんとなく…)
で、再び電源ボタンの長押し...少し待ったら...。

キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!

DSCN4378


リナザウの起動画面(喜

本体ROMのレストア、サービスメニューの電源チェック、
充電や電源ボタン長押し後の待ち時間のうち、どれが効いたかは
ハッキリしないけど、とりあえず起動したので結果よし(喜


お宝ゲット感が(・_・)モリモリ


後日談だけど、SL-C3100ってあれこれこんなに高いのもあるし。
で、嬉々としてメンテナンスメニューからROMをアップデート。

ここで画面にコマンドラインが走り、HDDランプが点灯。
フラッシュはチェックしてるみたいなんだけど、その後はHDDも
チェックしてるのかな?リナザウの基本を知らないので、わけわかめ。

この辺り、大興奮で写真を失念...orz


で、何日か使ってみたけど動作は無問題みたい(喜∞

DSCN4379


このSL-C3100は液晶も奇麗だし、ソリッドな筺体色が素敵。
かなり気に入りますた。


ジャンクなリナザウ(・_・)かなり楽しい



[おまけ]
SL-C3100と3200は少し大きい(海外対応?)新型ACが標準。
旧型も同じ5V 1Aなのに、公式サイトでは「旧ACは故障の原因
になるので使うな」とある。なんでだろ?
まぁ、意に介さず旧型ACを使ってる先達もいるようなので、
ここは旧ACを使っとく。新型は秋葉で拾えたらでいいや的。

で、4桁のリナザウは残すところ、SL-C1000(HDDなし)と
SL-C3200(6GB HDD)のみ。この際だから全部そろちゃう?と、
コレクター的な欲望がチラつくけど、ここは考え物。
HDD無しなら、ほぼ同じスペックのSL-C860があるし、
HDDが+2GBになるアドバンテージは、HDDはほぼ使わないので、
あまり意義を感じないし、今はSDで解消できちゃうし…

そんなことより内臓HDDをCFに入れ替えちゃったりとか、
4桁のリナザウは先行きも弄って楽しめそう(喜

とりあえず(・_・)ジャンクなリナザウ万歳w


テーマ: ブログ

ジャンル: ブログ

カテゴリ:Zaurus SL-C

2011.02.01 Tue. 02:13 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

Zaurus SL-C3000 ジャンク 


小休止中のネタです。
Zaurus SL-C3000(4GB HDD入りモデル)のジャンクをゲット。

白いボディが爽やかな筺体で好印象。
ROWAのバッテリと、他機種の?スタイラス付き。

DSCN4358


症状は起動するけど写真の画面から進まず。電源が切れない。
でも画面を見ると、OpenZaurus(Linux)が起動中にコケてそう..。

DSCN4359


リナザウのQtopiaのROMはSHARPのサイトに転がってないので、
代替ROMで遊ぶなら(後で戻すなら)NANDバックアップが必須。
でも、そこは無くてもゴニョゴニョすれば大丈夫(喜)

 注)ゴニョゴニョを知りたい方がもしいたら、私信のコメントで、
   メアドを教えてください(捨てアドで構いませんので)

で、FATフォーマットの1GB SDにDBKファイルを入れてNANDリストア。

DSCN4362


ビュイーンとリストア画面のバーが横に進んで...。

DSCN4364


リストア終了の表示。電源断して再起動。

キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!

普段はウザいんだけど、今回はなんだか嬉しい1分待ち画面。

DSCN4368


で、日付合わせとキャリブレーションの後でビックリなのは、
前オーナーの所有者情報、写真、PIMデータが少々残ってた。
良く分からないけど、HDDの方にデータが保存されてたみたい(驚

ROMが古いのでメンテナンスメニューからアップデート/再起動。

DSCN4360


これでHDDまでフォーマットされてスッキリ完全体。
前オーナーさんご安心を。チラ見だけで消去しときましたw

DSCN4369


数日弄った感じで動作は無問題。バッテリもかなり元気。
ラッキーなお買い物ですたー(喜)


このSL-C3000は、OpenZaurusのセットアップに失敗したか、
システムが壊れた後、Qtopiaに戻されないまま処分されて、
故障(ジャンク)扱いで出品されたんでしょう。
所有者情報=出品者じゃなかったし…。

NANDバックアップはニッチなリナザウユーザーの中でも、
代替ROMで遊んだヒトぐらいしか知らないだろうしねぇ。
そりゃジャンク扱いになるでしょーよ。

で、HDDモデルの中古リナザウは取扱う店も少なくなり、
店頭では未だ高値な感じ。もはやニッチなマニアの希少品?
でも、こんなジャンクばかり出てきたら嬉しいですねー。

リナザウも(・_・)かなり楽すぃー


[おまけ]
帰宅後にブログの記事を書き始めると時間的にキツイので、
SL-C860を買った頃から、記事の大半(特に秋葉ネタ)は、
移動中にリナザウで書いてます。

書いたテキストはSD経由PCへ移行して推敲。写真の加工と
記事の更新はノートから。色々試したけど、この原始的?な
方法が今のところ一番スムーズ&スマート。

リナザウは手のひらサイズでキーボードが快適、立ったまま
でもテキストが打てるし、バッテリも長持ちで起動/電源断が
速やか。こんなテキストマシンはオンリーワンでしょう。

ってなわけで、リナザウ達には重宝してて気に入ってるので、
修復不能に壊れるまで働いて貰うつもり。

これでSL-C750とSL-C860が2台ずつにSL-C3000が加わったので、
じーさんになるまでテキストは打てそう?と思うんだけど、
4桁のリナザウはもっとあっても良い?とか思って続く(ぇ


テーマ: ブログ

ジャンル: ブログ

カテゴリ:Zaurus SL-C

2011.01.30 Sun. 20:30 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

SL-C750 pdaXrom 日本語版 


お試し用のSL-C750(美品ちゃんじゃない方)にハマってます。
いや、pdaXrom(Linux)のお勉強にハマり始めた?っつー感じかも。

webにあるインスコ方法や環境構築の情報は、メモリ容量の大きいC760以降のものが多いし、
色んなverのROMが出回ってるので、そう簡単じゃない感じ。その上、C750は搭載メモリが少ない
ので、なかなかLinux初心者には敷居が高いです(当方主観)。

でも、これがとってもチャレンジで良い感じ。


英語版のpdaXrpmはサクッと導入できた後、日本語版のインスコでつまずいてたんだけど、
みきさんのブログ記事と参考サイトがありがたかった。お蔭でインスコできました(喜)。

C750_pdaXrom



日本語版のpdaXromは、まずpdaxrom_rc8_jp_0.8のインスコを試してみたけど、フラッシュ容量
が45MBや、それ以上に増やしても(57MBにしたかは失念)、インスコはエラーで止まっちゃった。

で、C700用のpdaxrom_rc9.1_jp_C700_20050215なら容量は足りるはず、とやってみたら、
インスコは完了したけど、Xが起動できなかった。

そこを解決してくれたのが、みきさんのブログにあった参考サイト。
rootでログインした後、以下の手順を加えたらXが起動した(喜)。

# cd /mnt/card
# chmod 755 postinst.sh
# ./postinst.sh

このROMの場合、フラッシュ容量が45MBでインスコできたことが収穫かも。
後述のrc9.1とのアプリケーションの差分はOSS Mixerだけ?みたい。


で、みきさんが使ってるrc9.1(C700以外用)のpdaxrom_rc9.1_jp_20050217は試してないので、
インスコしてみた。こちらは↑の手順が不要で、すんなりXが起動した(喜)。

備忘録の変わりにSDカードからのインスコ手順をかいておくと、

メンテナンス・メニューの出し方
・ AC アダプターを接続。充電ランプの点灯を確認。
・ 本体裏側の電池交換スイッチを「解除」
・ 少し待って「Fn」と「Home」の両方を押しながら「ロック」
・ 充電ランプの点灯を確認後「OK」を押しながら電源ON

インストール作業
1)メンテナンスメニューで「4.アップデート」
2)アップデート経路で「3.SD」
3)警告で「はい(Y)」
4)pdaXrom Installerで「3.NAND Flash Utils」
→「3 Fix Sharp loader NAND 64MB limit」を選択
5) Rebootするか聞かれるので「OK」
6)電源ランプが消えたとき「OK」→ メンテナンスモードが起動
7) 上記の1)から4)を繰り返して、
→「1 Resize boot Patition」→「57MB」
8)Rebootするか聞かれるので「OK」
9)上記の1)から3)を繰り返して、pdaXrom Installerで「1.Install new ROM」
8) pdaXrom Installerに戻るので「6.Reboot」
9) zaurus login: に「root」
10) # startxでキャリブレーション

pdaXromやC750に詳しい方、何か手順に間違いがあったらご助言をください。


で、とりあえずC750はテキスト入力で使いはじめた。

キーアサインは、Fn+UとIでは表示の通り 「」 にならず {} になっちゃうとか、句読点の「、」も
シフトを押す必要があったり、微妙なクセがある。これはそのうち慣れちゃうと思える。

でもだがしかし!残念なことに、Input setupでカレンダーとアドレスキーをCtrlとAltに割り当てて
あるはずなのに、何故かボタンを押しても機能しない。

基本的に操作は全てキーで済ませたいのに、いちいちスタイラスを使わなきゃならんのが、
かなり不便だしストレス。

もしかしてpdaXromインスコの手順を間違えた?設定方法を知らない?(.xinitrcの編集が必要?)
って感じで、かなり試行錯誤というか、迷走しています。てんで素人なので。あー

pdaXromの環境構築に詳しくて、ど素人の相手が嫌じゃない方、そんな方がもしおいでなら、
ご助言を頂けたら幸いです。誰か僕の「Alt」キーを助けて(笑


pdaXromを使い込んでいくと?結局はQtに戻る、とwebで見かけるけど、
・ バッテリモニターで残量(%)が見えるし、
・ CPUやメモリのモニター表示があると助かるし、
・ SD/CFの管理もタスクバーから出来るのは便利。

と、今のところ使い勝手はQt(オリジナルOS)より、なんとなく良さ気(当方主観)。

あと、自分だけかも知れないけど、Symbolの無線LANカードを刺すたびにキチンと認識するのも
重要なポイント。何故かQtだと認識に失敗することが多いんですねー。なんでだろ。

今、考えてるC750の役割はテキスト入力、メール、写真の閲覧ぐらい。
他の重い作業は考えてないので、うまく環境を構築出来れば(動作が安定していれば)、
この先はpdaXromで使っていきたい。

望外なことに、iPhoneを買っちゃったので、動画や音楽までC750に求めるかは考え中。
っつーか、C750ばかり弄ってるので、iPhoneはすっかり放置。メールしか使ってない。

iPhoneは年初に買ったT400で管理するつもりなので、新品のペアで使うつもりなんだけど、
新品って、なぜか使うことに気がひけちゃう。なんか使うのがもったいないような。

中古やジャンクの方が気軽に弄れるし、弄りたくなるのが不思議(笑


これを機会に、PCでもLinuxのお勉強を始めちゃおうかなーとか考えてます。

とりあえず、pdaXromなC750弄りが楽しいw



テーマ: ブログ

ジャンル: ブログ

カテゴリ:Zaurus SL-C

2009.10.06 Tue. 22:40 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

copyright©2017 ThinkPad Chitchat all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。