05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

SS2010 CF変換 


S4から液晶パネルをSS2010に戻して、SS2010の不動キーボードをSS2120のものに交換した。
HDD無しの状態でBIOSに入れたので、リセットして保存。

で、東芝1.8インチIDEのHDDが手持ちに無いし、普通の動作確認では面白くないので、
Libretto SSに付けていた、Silicon Powerの2GB CFを装着してみた。

今回のCF変換基板は「変換職人」。SS2120で使ってる「変換名人」より¥80安(喜)

SS2010 CF化1


で、SS2010に挿してスイッチオン!

SS2010 CF化2


あれ?BIOS画面すら出ない...orz
画面はカーソルが点灯したまま。ディスクへのアクセスランプは光りっぱなし。

何度か試したけど同じ症状の繰り返し。
そこでSS2120で使えてる「変換名人」ならどーよ?と考えたら…2つは同じもの。


SS2010 CF化3


念のため、SS2120に「変換職人」、SS2010に「変換名人」をスワップしてみたけど動作は同じ。
ってことは、変換基板の故障ではなくて変換基板かCFとの相性?


で、CFとの相性を疑って、昔のSandiskのCFを引っ張り出してきて試してみた。
このCF、64MBですよ。メガですよギガじゃなくて(笑) で、SS2010に挿して再びスイッチオン!

CF64MB


すんなりBIOSを表示できた。
ってことは、Silicon PowerのCFとSS2010の相性が悪いってことですねー。

SS2010 BIOS


そもそもCF変換は相性や速度に要注意だそうだし、Silicon PowerのCFは転送速度にも
個体差があるとかwebでの評価が微妙だけど、まさか相性が出るとは思ってなかった。

他のCFを買ってくるかー。

まぁ、SS2010本体の動作確認が先決なので、CF化の検討はとりあえずここまで。
んー、しかし残念。


〔Silicon PowerのCF〕
Libretto SS1010へのリカバリ(win98)は出来たけど、w2kはクリーンインストールでも
上書き~でもファイルのコピーが止まっちゃった。このCFは東芝のPCに相性が悪いのかも。



(続く)


スポンサーサイト

テーマ: ブログ

ジャンル: ブログ

カテゴリ:dynabook SS2010/S4

2010.01.05 Tue. 18:30 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

« S21 HDD換装&リカバリ失敗orz
S4 液晶パネル交換 »

コメントの投稿

Secret

△page top

この記事に対するコメント

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kzm2006t43.blog49.fc2.com/tb.php/114-83fb92ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

copyright©2017 ThinkPad Chitchat all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。