07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

SS2010とS4の2個イチ 


Puppyを20GB HDDに入れたSS2010(無線LANなし)と、液晶パネルを交換しても
画面が真っ白のS4(無線LANあり)の2個イチにトライした。

Puppyは他に3台(X40、S30、PC-MT1)もあるし、外装が美品のS4を放って
おくのもなんだし、SS1610の2個イチ(無線LAN化)が気持ち良かったし、
この系統や、SS2120、S21はKBや液晶パネルの交換程度でバラしたこと無いし。

DSCN3909

この機種の分解は、底面を剥がすとパームレストにマザーが付いてること
(PC-MT1と同じ)、KB裏と底面のネジ数が多いこと、ヒンジ部の構造が
左右非対称でややこしいのが特徴でしょう。

webで軽くググっても深い分解手順の解説サイトが無いのは、かなり面倒
臭いからかも(笑)

DSCN3910

写真右下はサブ基板+無線LANカード(S4)。

DSCN3911

SS2010ではここがCFスロット。
マザーのコネクタは互換。でも本体底面は形状が違うので流用不可ですね。

DSCN3914

で、まずS4の表示不良の原因を特定するために、
SS2010から液晶パネル、インバーター、ケーブルを移植した。

ヒンジ部の構造が良く分からないのでマザーを取り、S4のガワは美品なので、
上半身もほぼ全バラし。2台同時はさすがに歯応えがあり。記念にパチリ(喜)

DSCN3913

下半身(バラし)→ 上半身(バラし+交換)→ 下半身と組み上げて、
最後に液晶フレキの装着。

DSCN3916

コネクタの形状が違うじゃん...orz

でも、大きいSS2010のコネクタは、配線の無い部分がはみ出してるだけで
電気的には一緒だろうと考え、大型カッターでバッサリ。

キチンと収まった(喜)

DSCN3918

仮組みしてスイッチオン!
東芝ロゴに続いて、BIOSを表示できました(喜)

DSCN3921

ここで少し気になったのは東芝ロゴの表示が長いこと。

まぁいっかと、S4のマザーをチェックしたいのでSS2010に載せてた
PuppyなHDDをポン付けに。

DSCN3922


DSCN3923


・・・あれ?(・_・)なにこれ・・・


(長いので続く)

スポンサーサイト

テーマ: ブログ

ジャンル: ブログ

カテゴリ:dynabook SS2010/S4

2010.10.21 Thu. 07:14 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

« SS2010とS4の2個イチ(2)
10/19(火) 秋葉原 »

コメントの投稿

Secret

△page top

この記事に対するコメント

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kzm2006t43.blog49.fc2.com/tb.php/161-dd3d313f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

copyright©2017 ThinkPad Chitchat all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。