09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

Libretto SS1010 CF化 


Libretto SS 1010のw2kでの動作を軽快にするために、HDDをCF化することにした。

変換アダプタは「変換名人」、CFはTranscendの4GB(300倍速)で、計¥4.77。
CF化は成功すれば、CrystalDiskMark2.2のシークエンシャル・リードで40MB/sec程度の
速度は出るようなので、w2kでの利用が前提ならコストパフォーマンス的に必要十分と考えた。

変換名人+CF

某巨大掲示板ではTranscendのSSD(IDE)の動作報告を見たけど、それは今後のお楽しみ。


変換アダプタの厚さが7mm程度なら、本体底面を「裏切り」した底板を使わないで済む。

でも、「変換名人」を、SS1010の標準HDD(6.35mm)と比べたら、ジャンパ・ピンの上部と、
その底面のはんだが上下に1-2mmずつぐらい突び出ている感じ。

CFとHDD


で、ニッパで上下とも切りました。ジャンパの上部はばっさりとちょんぎって、
底面のはんだ(3箇所)の先端はぐりぐりとえぐりながら切断。

いきなり開封後のパーツに乱暴なことするのは初めてだったけど、気持ち良かったかもw
切断後は↓こんな感じ。

切断した変換名人

ジャンパ上部は少し出てるし、底面のはんだ盛りも削り切れないけど、
アダプタの厚さ的には必要十分に出来た。マザボにアダプタとCFを装着すると↓こんな感じ。

CF装着1
CF装着2


本体底面は切ってない底板に収まった(喜)

lib裏


で、CFが認識されてるかBIOSでチェックしてみたけど、この機種の東芝の独自BIOSって、
E-IDEとしか表示されない。なんか寂しい・・・。

気を取り直してOSのインストール。まずwin98(リカバリ)。
1回目のリカバリでは、HDDドライバの削除(純正HDDのドライバが入るため)をすっかり忘れてて、
何故OSが起動しない(sefeモードになる)んだろうと、しばらく悩んでしまった(汗)
起動させた後も、何故かあるはずのファイルがあちこちで無い。動作が不安定。

でも、これらは2回目のリカバリでは全て解決した。1回目は多分、キチンとCFをフォーマット
しないままリカバリを進めてしまったせい?みたい。

win98での体感速度はバッチリ向上。
OSの起動はHDDでも早かったので差は少ないと思うけど、終了がメチャ早い。3-5秒ぐらい?

喜び勇んでw2kのインストールへ・・・(続く)



スポンサーサイト

テーマ: ブログ

ジャンル: ブログ

カテゴリ:Libretto SS1010

2009.09.02 Wed. 21:38 -edit- Trackback 0 / Comment 6

△page top

« 9/3 (木) 秋葉原
Libretto SS1010 PIO病 »

コメントの投稿

Secret

△page top

この記事に対するコメント

ほぉー

sinさん、こんばんわ。

私も過去にDellのX200でCF化をやったことがあります。早くて静かなのがちょっと気持ち悪かったです。

また、私の疑問が解決されたような文章が。東芝ってBIOSではハードディスクの型番が表示されなくても正常なんですか?悩んでいるSS2010が型番も容量も出ないから、おかしいなぁと疑問でした。

URL | TS #suabI.cM

2009.09.03 21:00 * 編集 *

Re: ほぉー

TSさん こんばんは

確かにCF化とかSSDで、アクセスランプが灯るのに静かって、慣れが必要ですよね(笑)

東芝の独自BIOSは表示が特殊なんですよね。
とりあえず覚えてる限りでは、ハードディスクの型番が表示されなくても正常だと思います。

手持ちの機種で調べて、近いうちにブログに書きますね。ちょっと待ってください ^^

URL | sin #-

2009.09.03 21:17 * 編集 *

No title

 初めまして、LibrettoのCF化キーワードで検索したら、ここにたどり着きました。いきなり不躾な質問で申し訳ございませんが、お答えいただけると幸いです。

 LibrettoSS1000をw2kで復活させようと思いCFを使おうと思っておりますが、なるべく安く上げようと思っております。何分、本体も古くチップセット等の問題で転送モードに制限が出て来ることは想像に難くありません。そこで実際に換装されたトランセンドやシリコンパワーの速度がどの位なのか教えていただけないでしょうか?実際にX133クラスの転送速度レベルなら、無理をして高速のCFを買う必要も無いと思いますので・・・。

URL | ザルク #mQop/nM.

2010.01.30 17:06 * 編集 *

Re: No title

ザルクさん はじめまして

LibrettoのCF化は確かに安く済ませたいですが、×133レベルのCFだとLibrettoに限らず、
どのPCでも使い物にならないらしいですよ。×266ぐらいは必要だとか。

僕は↓のブログの青いアヒルさんの解説を参考にしました。
http://ahirusan.org/blog/archives/116#more-116

その他にも動作実績をwebで調べて、トランセンドの4GBをSS2120で使ってます。
×300は少々高価(¥4000程度)ですが、とっても快適ですよ。

で、肝心のLibretto SSではトランセンドの4GBでは、1度はインストールしましたが、
ベンチマークはとってないんです。すぐCFをSS2120へ移しちゃいましたので。

で、w2kなら4GBも不要なので、あらためてシリコンパワー 2GB(×300)で試しました。
そちらでは、win98のプロダクトリカバリには成功しましたが、w2kはi386+smartdrv
を仕込んでDOSブートしてもインストールが完了しませんでした。

何回やってもダメだったし、シリコン~のCFはSS2010との相性?も芳しくないよう
なので、今ではこのCFは相性が悪かったのかなぁーと思ってます。

結果としてLibretto SSでのCF化の実績をお示しできないので恐縮ですが、
×133のCF化だけは、やめといた方が良いと思いますよ。

CFには相性が厳しいものがありますし、MLCだかSLCだかも製品に表示はないので、
博打っぽい換装になりますが、やるなら×266以上のCFの方が無難かと。

URL | sin #-

2010.01.30 21:52 * 編集 *

Re:

 sinさん御返事ありがとうございます。

>LibrettoのCF化は確かに安く済ませたいですが、×133レベルのCFだとLibrettoに限らず、
 そうですか、X200のシリコンパワーとSandiskを使ったLib60とか50とかのCF化(PIO)を見る限りReadはともかくWriteの数字はHDD似たり寄ったりかRandom Write 4KBが激遅みたいな感じで早いCFを使う意義があるのかなと思いまして・・・。X133レベルでも他の組み合わせを見る限りLibrettoのX200の構成よりも良い値が出ている物があるので、変換基盤やCFカードの性能差を考えても、どうもLibretto本体のチップセットの古さがネックになっているんじゃないかと思いまして、あと最近のトランセンドX266の速度の落ち込みようも気になるので、全体的にMLCに変わってきているのかなと思ったりもしています。

 個人的には自宅使用がメインの為に対衝撃や省エネは関係なく1.8インチHDDのTravelstar C4K40(20G)が手に入る以下の値段で、HDDより速度が出るなら換装しようと思っているので速度面のメリットが無いならHDDを入れてしまった方が試行錯誤もCFの書換え寿命の心配も極端な性能低下も無くLibrettoを復活させらるので、そっちに転んでしまいそうな感じです。

 予算と時間に余裕があれば試行錯誤も兼ねて、PA-CF25-EF(2.5インチ CF×2 厚6mm)でマスタにトランセンドX300とセカンダリにインダストリアルモデル256Mを考えていたんですが、いかんせんソコまでいくとトランセンドの際安SSDを買ってガワを外して突っ込んだ方が良くないかと言う結論になったのは秘密ですw

URL | ザルク #mQop/nM.

2010.01.31 22:19 * 編集 *

Re: Re:

ザルクさん

なるほど、そこまでお考え(検討中)とは思いませんで失礼しました。

私の調べた感じでは、X300でもシリコンパワーはバラつき(固体差)があるようで、
X200も同様以下のような気がします(博打なブランド?というイメージ)。
成功事例もX300しか見たこと無い記憶があります。あとSandiskはバラつきは無さそう
ですが、Extrem3か4じゃないと成功事例は無いと思います。

Lib60とか50のCF化は転送モードがPIOなんですね・・・。実はこれキモだと思います。
ブログに書きましたが、私のSS1010も1.8インチHDDのTravelstar C4K40(20G)でPIO病で、
w2kの起動速度がとても遅くて参っちゃいました。自力では解決できなかったんですが、
CF化では、CFの速度が悪い(相性な)のか、転送モードがPIOだから遅いのか、は、
やってみなきゃ分かりませんよね・・・。きっちり検証してるweb情報も皆無では?

CFの選び方の私的なコツをさっきのコメントに書き損ねました。
私は「UDMA対応」としっかり書いてあるのを探すべき、というweb情報を重要視して、
トランセンド(X300)を選びました。書いてあるCFって意外に少ないんですよね・・・。

X300未満のCF(低容量を含む)の中身が、全体的にMLCに変わってる?というのは
同意です。シリコン~で言われてる固体差も、その一例ではないかと。
CFは、もはやデジカメユーザーへの商品ですし、メーカーの都合で中身を変えるって
のもアリなんでしょうね。

あと、CF×2枚挿しは、さすがに私はトライする勇気が無かったです・・・。
トランセンドのSSDのガワ外しは、某巨大掲示板で動作報告が出てましたよね。
私の場合、裏切った底板を持ってるのでガワは剥かないでいけそうでしたが、
先にやられちゃったので止めました。金額もボトルネックでしたし。

結局、みな考えることは同じような感じですねー(笑)

結論として、トランセンドX300の1枚挿しをお勧めしておきます。
正直、結構速かったので価格性能比(体感速度)と私的な動作実績で。
(あくまで自己責任でお願いしたいですが^^)
win98のリカバリだと起動や終了が爆速すぎて笑えました。PDAみたいでしたよ。

チャレンジされたら、また教えてください。

URL | sin #-

2010.01.31 23:13 * 編集 *

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kzm2006t43.blog49.fc2.com/tb.php/72-768cfa40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

copyright©2017 ThinkPad Chitchat all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。